子供にもメタボリックシンドロームの危険

メタボリックシンドロームに注意するのは、中高年の話だと思っていました。
ところが、子供の肥満が深刻な状況なのです。

下の「学年別 肥満傾向者の割合」グラフを見てもらうとわかりますが、7歳から12歳の小学生の肥満傾向が明らかです。
昭和53年、昭和63年頃は小学生、中学生、高校生で肥満者の割合が1.5%前後でおおきな変化はなかったのですが、平成10年の調査では、小学生の肥満者の割合が急増しているのがわかります。

子供肥満
学年別 肥満傾向者の割合 @肥満と健康

小学生の肥満原因は、テレビゲームや塾通いによる運動不足ではないかと言われています。大人も運動不足に悩んでいますが、現代は小学生の時から運動不足に悩む時代なんですね。
子供の肥満がなぜいけないのかまとめました。

子供肥満の弊害

生活習慣病予備軍
生活習慣病である「高血圧」「脂肪肝」「高脂血症」「糖尿病」になりやすいのです
運動能力の低下
運動不足だと肥満になりますが、肥満になると運動するのが億劫になり、さらに太ってしまうと言う悪循環に陥ります。
精神的な影響
子供の場合、いじめに繋がる危険があります。
大人になっても肥満になりやすい
子供の時から太っていると、大人になっても肥満になりやすいという研究報告があります。

最近子供にもメタボリックシンドロームの基準を設けて、太りすぎに注意を喚起するべきとの提案があります。上の調査を見ると理解できますが、なんか子供の時からメタボリックシンドロームの心配をするのはかわいそうな気もします。



posted by メタボリック対策 at 17:28 | メタボとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。