メタボリックシンドローム解消にはおやつを我慢

スナック菓子

メタボリックシンドロームが社会現象化し、少しお腹が出ているとメタボだと冷やかされる、太り気味の人には住みにくい時代です。
ただ、仲間から冷やかされるだけならいいのですが、メタボリックシンドロームは怖い成人病である動脈硬化が進行し、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性が高くなってしまうのです。

健康的な生活を送るためには、単に外見上の問題だけでなくメタボリックシンドロームを解消する必要があります。
メタボリックシンドロームは「内臓脂肪症候群」と言われるように、内臓脂肪が規定量以上に蓄積されてしまうことが体に悪影響を与えてしまいます。

内臓脂肪は簡単に溜まってしまう脂肪ですが、脂肪が減るときには真っ先に減ってくれる「溜まりやすいが、減らしやすい」脂肪でもあるのです。

ダイエットするのは大変だと思われるでしょうが、体に入ってくるエネルギーと消費されるエネルギーのバランスを考えると、比較的簡単に体重を落とすことが出来ます。
たとえば、体に入るエネルギーを減らすことで体重を減らすなら、まずゆっくり減らすことが大切です。無理な減量(ダイエット)はかえって体調を壊すことになるからです。
1ヶ月に1Kg体重を減らすことが出来れば、ウエストも1cm減ると言われています。脂肪1Kgを消費するには約7200Kcalのエネルギーを消費すればいいのです。1ヶ月で7200Kcalを減らすには1日で240Kcalを減らすだけでいいのです。

240Kcalのおやつや飲み物

おやつ
・チョコレート(板チョコ) 1/2枚
・ショートケーキ     1個
・アイスクリーム(コーン付)1個
・ポテトチップス   1/2袋
飲み物
・コーラ 1本(500ml)
・缶コーヒー(砂糖入り)2本

おやつを食べたり、甘い飲み物を飲む習慣のある方は、これらを少し我慢するだけで、1日240Kcalを減らすことは、あまり難しい事ではありませんね。


posted by メタボリック対策 at 21:56 | メタボ解消対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。