内臓脂肪がメタボを誘発する理由

男性型肥満、内臓脂肪

メタボリックシンドロームというのは「内臓脂肪症候群」といわれるぐらい内臓脂肪がいろいろな悪さをしているのです。
メタボになると、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞を起こす危険性が増すといわれています。

なぜ内臓脂肪が、増えるとこのような生活習慣病を引き起こすのでしょうかexclamation&question
同じ脂肪でも皮下脂肪があまり悪さをしないのはなぜなのでしょう。 それは、最近の研究でわかったことですが、内臓脂肪は各種の生理活性物質を分泌していることがわかったのです。

内臓脂肪が分泌している物質

TNF-α
ブドウ糖の細胞内への取り込みを抑制し、血糖値を上げる作用をする
アンジオテンシノーゲン
血圧を上昇させる
アディポネクチン
動脈硬化を抑制するが、脂肪細胞がふくれすぎると分泌量が低下する

ここで説明しましたように、内臓脂肪は他の臓器へ影響を与える生理活性物質を分泌していたのです。中には「アディポネクチン」のようによい働きをする物質もありますが、「アディポネクチン」は脂肪細胞が肥大化してしまうと分泌量が低下してしまいます。やはり内臓脂肪は少ない方が健康には良いようです。


posted by メタボリック対策 at 22:55 | メタボとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。