メタボとの関係、内臓脂肪と皮下脂肪

人体解剖図

メタボの判定基準に、おなか回りの太さの基準があります。
(参照:メタボリックシンドロームと診断されるのは
つまり、男性はウエスト周り85cm以上、女性では90cm以上がメタボの第一ステップを踏み出したことになります。

ここで、気になるのはなぜ男性よりも女性の方がおなか回りが太くても大丈夫かということです。
実は男性と女性では、脂肪の付き方に違いがあるのです。一般的には男性は内臓脂肪が溜まりやすい「リンゴ型」肥満が多く、女性は皮下に脂肪が溜まりやすい「洋なし型」肥満が多いといわれています。
それぞれの肥満の違いを解説します。

男性:内臓脂肪型(リンゴ型肥満)
・上半身からお腹に脂肪が付く、リンゴ体型となる
・太っているのに、お腹の皮膚はつまみにくい
・内臓脂肪は皮下脂肪よりもいろいろな物質を分泌する
・内臓脂肪は皮下脂肪よりも増えやすく、へらしやすい
女性:皮下脂肪型(洋なし型肥満)
・下半身やお尻に脂肪が付く、洋なし体型となる
・お腹の皮膚をつまむと、厚みがある
・皮下脂肪は一度付くと取りにくい

つまり、男性はリンゴ型肥満の方が多く、同じウエスト周りでも内臓に脂肪がついている割合が多く、おなか回りの基準を女性よりも5cm厳しく判定しているという訳なのです。
女性の方が寿命が長いというのは、女性は内臓脂肪より皮下脂肪が多めについているので、メタボになりにくいからでは無いでしょうかちっ(怒った顔)


posted by メタボリック対策 at 22:20 | メタボとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。