メタボリックシンドロームの定義にお腹周りがあるのは

メタボリックシンドロームの診断に、おなか回り(ウエスト周囲径)が男性で85cm以上、女性で90cm以上が必須条件と定義されています。

確かに、お腹回りが太いと内臓脂肪が多いのはわかりますが、男性と女性で基準が違うことや85cmや90cmという値がどこから出てきたのかはちょっと気になります。

実はメタボリックシンドロームの正確な診断には内臓脂肪の量を計るのが一番良いのですが、内臓脂肪の量を正確に計ろうとすると、CTスキャンなど高価な診断装置が必要になります。 そこで、もう少し手軽に内臓脂肪量を計る手だてとして、おなか回り(ウエスト周囲径「腹囲」)を計っておおよその内臓脂肪量を推定することにしたのです。
メタボリックシンドロームの定義では、内臓脂肪の面積が100cm以上の場合に該当します。おなか回りが、男性で85cm以上、女性で90cm以上の場合、内臓脂肪の面積が100cm以上相当すると研究で明らかにされたのです。

これまでのメタボリックシンドローム診断結果によると、40歳から74歳の中高年を調べたところ、男性では二人に一人が、女性では5人に一人がメタボリックシンドロームかまたはその予備軍であるとわかりました。
男性は、女性と比べておなか回りに脂肪が溜まりやすいのです。ですから、同じように太っているように見えても男性の方が注意する必要がありますダッシュ(走り出すさま)

おなか回り(ウエスト周囲径)の正しいはかり方

おなか回りを計るには、正しくメジャーを使っいましょう。
ベルトの長さやズボンのサイズで代用してはいけません。
かわいいおなか回りのはかり方
1.立った状態で軽く息を吐きます
2.おへそ周りをメジャーで測ります

計ってみると、ズボンのサイズとはかなり違うことに気づかれるはずです。


posted by メタボリック対策 at 19:58 | メタボとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。