メタボリックシンドロームと診断されるのは

メタボリックシンドローム」という言葉を良く聞きますが、意味は「内臓脂肪型肥満症」のことを指します。
運動不足や食べ過ぎなどで、内臓脂肪が過剰に溜まってしまうと、肥満症、高血圧症、高血糖といった生活習慣病を患ってしまいます。今までは、それぞれの症状を個別に診断し、基準をオーバーしたとか、まだ標準値以内ですという診断を下していました。ところが、最近の研究で個別の数値は少し高めぐらいでも、複数の診断数値が高めだと動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こす可能性が高くなることがわかってきました。

メタボリックシンドローム」は内臓脂肪が原因だということで、よくおへそ周りの太さを計ってメタボリックシンドロームだとか、いや大丈夫だったといわれます。
実は、おなか回りの太さ(ウエスト周囲経「腹囲」)だけがメタボリックシンドロームの診断基準ではなく、いくつかの条件を測定しないとわからないのです。
正確には、次に示すステップに従ってメタボリックシンドロームかどうかを判断します。

メタボリックシンドロームの診断ステップ

ステップ1
【おへそ周り(ウエスト周囲経「腹囲」)】
男性:85cm以上
女性:90cm以上
ステップ2
【血圧】
最高(収縮期)血圧=130mmHg以上
最低(拡張期)血圧= 85mmHg以上
(両方またはどちらか一方)

【血中脂質】
中性脂肪値=150mg/dl以上
HDLコレステロール値=40mg/dl未満
(両方またはどちらか一方)

【血糖値】
空腹時血糖値=110mg/dl以上

上記の診断基準で「ステップ1」の腹囲が基準以上で、「ステップ2」の項目の内2つ以上当てはまると、メタボリックシンドロームと診断されます。
さて、あなたはメタボリックシンドロームではありませんでしたか


posted by メタボリック対策 at 19:20 | メタボとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。