メタボリック症候群になるとアディポネクチンが減る!?

太った男性

肥満は脂肪細胞が大きくなることで起こります。ところで、脂肪細胞は糖や脂肪をためるだけでなく、体に重要な働きをする何種類ものホルモンや生理活性物質も分泌しているのですexclamation×2

脂肪細胞が分泌する物質を「アディポカイン(脂肪ホルモン)」と呼んでいます。脂肪ホルモンには体によい働きをする「善玉アディポカイン」と悪さをする「悪玉アディポカイン」があります。

「悪玉アディポカイン」には、PAI-1(パイワン)、TNF-α(ティエヌエフアルファ)、インターロイキン6などがあり血圧を上げたり、血糖値を上げたりします。

「善玉アディポカイン」の代表がアディポネクチンです。アディポネクチンは肝臓で脂肪を燃焼させ、糖の分解を促進します。さらに血管の炎症を抑え、血管障害を防ぐ働きもあります。

実はこのアディポネクチンがメタボリック・シンドロームと深い関係があるのです。内臓脂肪がたまり脂肪細胞が大きくなるとアディポネクチンの分泌量が減ってしまうのですがく〜(落胆した顔)
つまり、メタボリック・シンドロームの怖いのはアディポネクチンなどの分泌量が減ることで、血糖値や血圧が上昇し、動脈硬化が進んでしまうことなのです。

それでは、どうすればアディポネクチンを増やすことができるのでしょうかダッシュ(走り出すさま)
1運動をしましょう
 激しい運動は不要です。ウォーキングなどの有酸素運動で十分です。
2大豆食品などの植物性タンパクをとりましょう
3お酒、たばこを控えましょう

これらのことは、わかっているんですがなかなか実行できないんですよねバッド(下向き矢印)

posted by メタボリック対策 at 20:15 | メタボ解消対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。