メタボリック症候群が薬で治る!?

メタボリックシンドロームは中年以降に発生する生活習慣病の原因として最近注目を集めています。

内蔵などにたまる内蔵脂肪が必要以上に溜まり高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併するとメタボリックシンドロームと診断されます。

この内蔵脂肪を減らすのはなかなか思うようにいきません。ところが、メタボリックシンドロームの根本治療につながる研究成果を東京大大学院医学系研究科の門脇孝教授らの研究チームが発表しました。

本来、アディポネクチンという善玉物質が血糖制御や脂肪代謝、インスリン抵抗性を改善する物質ですが、メタボリックシンドロームの人はこのアディポネクチンの量が少ないのです。

研究によると、アディポネクチンと作用する2種類の物質(受容体)が密接に関係しアディポネクチンが少ない状態でも受容体と同じような働きをする物質があれば、血糖制御や脂肪代謝、インスリン抵抗性を改善させるというのです。

かわいいアディポネクチンがメタボリックシンドローム対策には良さそうですが、さてどうすればこのアディポネクチンを増やすことができるのでしょうダッシュ(走り出すさま)

実はリンゴにアディポネクチンを増やす働きがあったのです。

リンゴにはリンゴポリフェノールが豊富に含まれていて、このリンゴポリフェノールがアディポネクチンを増やしてくれるのです。さらに、リンゴポリフェノールは体脂肪を減らす効果もありますので、ダイエットに取り組んでおられる方にもいいですよるんるん

リンゴポリフェノールの手軽に取るならこのアップルフェノンがお勧め

【即発送 おまけ付 送料無料】 アップルフェノン ーSW 120粒   あっぷるふぇのん

価格:6,720円
(2012/11/7 17:38時点)
感想(0件)




posted by メタボリック対策 at 13:59 | メタボ解消対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。