成長ホルモンを分泌させるとメタボ対策になる

日本でメタボ健診が始まって数年が経ちます。

最近の研究では日本のメタボ健診の基準である腹囲の測定はあまり意味がないと言われています。

腹囲の数値が正常でもメタボと診断される方がかなりいるらしいのです。

まあ見た目はスマートな方がいいのですが、外見上太っているように見えなくても、実は健康上の問題を抱えている場合があるのです。

メタボ解消には食事のコントロールと適切な運動が欠かせません。

さて、最近の研究でメタボ予防と同時に健康で長生きできる”成長ホルモン”を分泌させる方法がわかってきました。

成長ホルモンは人間の成長期である幼少期から10代後半がピークでその後は減少してしまいます。

成長ホルモンには余計な脂肪を燃焼させ、筋肉を成長させる働きがあり、メタボ予防にも効果があります。

この成長ホルモンを上手く分泌できればメタボ予防に効果があるのです。

その方法は食事と食事の間にきちんと”空腹の時間”をもうければ良いそうです。

ただ、むやみに食事間隔を開けてしまうと返って食事量が増えてメタボになってしまうので、
やはり三度の食事はきちんと食べた方が良さそうです。

さて、そんなメタボ予防の話題は下記のサイトにも掲載されています。

−>automoney.sakura.ne.jp/metabo/
(メタボ予防はおまかせ)

メタボ対策に効果的な食品や運動管理ツールの情報もあるので、参考になりそうです♪
posted by メタボリック対策 at 19:46 | メタボ解消対策
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。