プチ断食なら健康的に痩せられる

メタボを何とか解消したいと悩んでいても、ダイエットは苦しいからやりたくないと尻込みしていませんか。

メタボと診断され、通常より内臓脂肪が多い方でも
きちんとした食生活を送れば案外簡単にダイエットに成功する物なのです。

ところがメタボに陥っている人にとってきちんとした食生活がなかなかできないのが現実かもしれません。

そんなメタボ体質の方もじっししやすいダイエット方法を紹介します。

それがプチ断食(ファスティング)です。

断食というと空腹に耐える修行僧のような生活を送る必要があると思ってしまいますが、実はそんな難しいものではなく

だれでも簡単に実行でき、それほど苦しい思いもしないのです。

プチ断食で一番簡単なのが朝食だけを通常の食事から水分だけにする置き換えダイエットです。

この時、朝食の代わりに「酵素ドリンク」を飲むのがおすすめ。

なぜ酵素ドリンクを飲むのかというと、人間の活動に必要なビタミン、ミネラルなどの栄養素は含んでいるのに胃腸に負担をかけず、更にカロリーも低いのでダイエット効果が期待できるのです。

そんな酵素ドリンクの中でも女性に人気なのが
ベルタ酵素ドリンク

ベルタ酵素ドリンクは165種類という多くの酵素が含まれている上に、ヒアルロン酸やプラセンタ、ザクロなど女性にうれしい美容成分も配合されています。

つまり、きれいになりながら痩せられるという女性の願いをかなえてくれる最高のドリンク
女性人気が高いのが分かります。
posted by メタボリック対策 at 21:58 | メタボ解消対策

短期ダイエットに成功する方法

メタボじゃないけれどスタイルに自信が無く、もう少し痩せてきれいなスタイルになりたいと思うことはありますよね!

もし、一週間後に大事な人とのデートが入ったり、合コンが決まったらどうしますか?

今からゆっくりダイエットする時間は無いし、少しぐらいリバウンドしても良いから何とか短期間でほっそりボディになりたいもの。

そんな短期ダイエット法をご紹介しましょう。

・糖質断ちダイエット
有名なダイエット法なのでご存じの方も多いでしょう。
ご飯やパン、スパゲッティなど糖質、炭水化物をできるだけ摂取しないダイエット法。
ただ、人間が生活する上で糖質は必要なので、あまり極端に減らしすぎないこと。
このダイエット法は、短期間だけにしておきましょう。

・水分多めダイエット
スープやジュース、スムージー、お茶など水分を多めにとるダイエット法。
水分でお腹を満腹にして摂取カロリーを減らそうと言うわけ。

このダイエット法での注意事項は、クリームスープなどカロリーが多いスープもあるので、野菜コンソメスープなどカロリーの少ないものを中心にしましょう。

・プチ断食(ファスティング)
短期で痩せたいならプチ断食がいちばん確かでしょう。

プチ断食時には専用の酵素ドリンクを飲んで必要な栄養素の摂取は忘れないように。

プチ断食ならダイエットはもちろん、デトックス効果も期待できるので、むくみなどで下半身太りに悩んでいるなら格好のダイエット法でしょう。

プチ断食時にお勧めの酵素ドリンクはコチラのサイトでも紹介されているので、ご確認の程を
posted by メタボリック対策 at 16:54 | メタボ解消対策

成長ホルモンを分泌させるとメタボ対策になる

日本でメタボ健診が始まって数年が経ちます。

最近の研究では日本のメタボ健診の基準である腹囲の測定はあまり意味がないと言われています。

腹囲の数値が正常でもメタボと診断される方がかなりいるらしいのです。

まあ見た目はスマートな方がいいのですが、外見上太っているように見えなくても、実は健康上の問題を抱えている場合があるのです。

メタボ解消には食事のコントロールと適切な運動が欠かせません。

さて、最近の研究でメタボ予防と同時に健康で長生きできる”成長ホルモン”を分泌させる方法がわかってきました。

成長ホルモンは人間の成長期である幼少期から10代後半がピークでその後は減少してしまいます。

成長ホルモンには余計な脂肪を燃焼させ、筋肉を成長させる働きがあり、メタボ予防にも効果があります。

この成長ホルモンを上手く分泌できればメタボ予防に効果があるのです。

その方法は食事と食事の間にきちんと”空腹の時間”をもうければ良いそうです。

ただ、むやみに食事間隔を開けてしまうと返って食事量が増えてメタボになってしまうので、
やはり三度の食事はきちんと食べた方が良さそうです。

さて、そんなメタボ予防の話題は下記のサイトにも掲載されています。

−>automoney.sakura.ne.jp/metabo/
(メタボ予防はおまかせ)

メタボ対策に効果的な食品や運動管理ツールの情報もあるので、参考になりそうです♪
posted by メタボリック対策 at 19:46 | メタボ解消対策

メタボ対策で生活習慣病予防だけでなく寿命を延ばせる可能性も

2008年より通称「メタボ健診」といわれる特定健診・特定保健指導が始まりました。

もしかするとあなたも「メタボ健診」に引っかかって、要指導ランクになっているかも知れませんね。


日本ではメタボリックシンドロームの判定基準は腹囲が用いられており、判定がずさんだとの指摘で、あまり効果を発揮していないかも知れません。


ただ、二十歳前後の頃より10Kg以上太っている方は
メタボリックシンドロームの判定に引っかからなくても、生活習慣病にかかりやすいかもしれないのです。

最近の研究で生物には長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)というものが備わっていることがわかっています。

この遺伝子は生物の寿命を延ばす素晴らしい働きをしてくれます。

ところが通常状態ではこの遺伝子は働いません。
長寿遺伝子を働かせる方法が今二つ見つかっています。

一つは生物を飢餓状態に置くことです。

人間に当てはめると満腹時の約70%のカロリーに抑えるカロリー制限を継続すると長寿遺伝子のスイッチが入るのです。

人間は二十歳前後でほぼ成長が止まるので、二十歳の頃より大幅に体重が増えているのは、カロリーを余分に取りすぎているからなのです。

ですから二十歳の頃の体重に戻すダイエットは、生活習慣病を予防するのはもちろん、長寿遺伝子のスイッチを入れ、寿命を延ばすすばらしい効果を得られるかも知れないのです。


なに?
そんな苦しいことは私には出来ないって!!

そんなあなたに朗報です

ブドウから見つかったポリフェノール「レスベラトロール」を摂取すると苦しい食事制限をしなくても、長寿遺伝子のスイッチを入れてくれるのです。

日本でもレスベラトロールを配合したサプリメントが販売されており、実際に飲み始めた方もおられます。

日本製のレスベラトロール ハイブリッドレスベラTを飲んでいます

日本よりも一足早く
米国ではすでに多くのレスベラトロール愛好家がいるようです。
米国製のレスベラトロール サプリメントは安価で販売されていますが、注意が必要です。

安価なレスベラトロールサプリは日本では販売が禁止されているイタドリを原料に作られているからです。

やはり安心なブドウから作られたレスベラトロールを選びたいですね。
posted by メタボリック対策 at 20:09 | メタボ解消対策

日本人女性は痩せすぎですか

日本の女性は痩せすぎだとの指摘は多いですが、痩せているのは10代〜20代の若い女性で、更年期以降太り出す方が大と言います。

メタボリック症候群の診断基準も女性については厳しくなる方向だと言われています。

これまでメタボ診断では、男性よりも女性の方が腹囲の基準は90cm以上と甘かったのですが、女性の腹囲基準を80cm以上にしようとの動きもあります。

これは腹囲が80cmから90cmの女性に心臓血管疾患を発病する方が多いからです。

若い頃痩せていた女性が閉経を期に太り出すのは、女性ホルモンが関係していると言います。


ダイエットは食事制限など苦しいことが多いと敬遠される方が多いですが、意外な方法で太り過ぎを軽減できることがあります。

一つは飲み物に注意することです。

ジュースやコーラ類は多量の糖分が含まれています。
これらの飲み物をミネラルウォーターに変えるとそれだけでダイエットできることもあります。

最近は健康のために自宅にウォーターサーバーを設置される方もおられます。

会社や病院などに置かれているウォーターサーバーを利用されたことはあるでしょう。
自宅にウォーターサーバーがあると、温水、冷水がワンタッチで給水できるので、手軽に飲めるだけでなく、お茶やコーヒーを入れるのにも便利で、手放せなくなります。

家庭用ウォーターサーバーの人気ランキングがあります。

あなたも美味しいミネラルウォーターの宅配を試してみませんか
posted by メタボリック対策 at 16:35 | メタボ解消対策

食事バランスガイドがメタボ対策に

食事バランスガイド
食事バランスガイド @フードガイド検討会

メタボリックシンドローム」を気にしている方が増えています。2008年からは定期健康診断にも腹囲の測定が始まるとのこと、すこしでもおなか回りをスッキリさせたいものです。

内蔵脂肪を減らしおなか回りをスマートにするには適度な運動と毎日の食事バランスが一番大事です。 そこで、最近見直されているのが厚生労働省と農林水産省が共同で策定した「食事バランスガイド」です。「食事バランスガイド」は食糧自給率向上等を目的に2006年に作られた食育指針ですが、バランスの取れた食事を取ることを提案していることからメタボリックシンドローム対策にも効果があると、最近にわかに注目を浴びています。

食事は量とバランスが大事ですが、何をどれくらい摂ればバランスが取れているのか解りにくいです。それを具体的な料理に当てはめ、1日に食べた食事をふり返り、何が多く何が少なかったのかを自分で点検できる方法を提案しています。

食事バランスガイドQ&A [ 早渕仁美 ]

価格:1,680円
(2012/11/7 17:25時点)
感想(1件)

食事バランスガイドはこんなに活躍

「食事バランスガイド」は家庭で利用することを想定されているようですが、外食産業やDSソフトにも応用されています。確かに上手く活用すると、外で食事するときも自分で必要な栄養素を把握しメタボリックシンドロームの対策にも役立ちそうです。

DSソフト「健康検定」もバランスガイドがお手本
ニンテンドーDSソフト「健康検定」も食事バランスガイドを元に作成されています。健康的な食事のとり方を学び、腹囲や体重などの記録と肥満度チェックができるソフトです。
お弁当箱もバランスを取って
弁当箱も「食事バランスガイド」を見習ったものがあります。主食、副菜、野菜を3:1:2とバランス良く詰められるようにメジャーまで用意されています。
駅弁もバランスを考えて
東京駅で発売されている駅弁にも健康を意識した「あなた想いの食事バランス幕之内」が登場しています。この駅弁は野菜中心で肉は控えめ味付けも薄味と男性にはやや物足りないかと思うのですが、1日平均230個も出るヒット商品です。また「夕刊フジ特選おつまみ弁当」も夕刊フジとタイアップして、メタボ対策弁当と宣伝したことから、大ヒット弁当になっています。

食事バランスガイドは1日に必要な食事量が主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物の5グループに分類され、適量を単純な換算法で示し、コマの形で表現されています。
お菓子やお酒などついつい手が出る嗜好品はあくまで脇役、やっぱりメタボ対策は苦しいかな

関連情報リンク

シソ飲料にメタボリック予防効果確認!
赤シソ入りドリンクにメタボリックシンドローム予防効果を確認!!


posted by メタボリック対策 at 18:06 | メタボ解消対策

子供にもメタボリックシンドロームの危険

メタボリックシンドロームに注意するのは、中高年の話だと思っていました。
ところが、子供の肥満が深刻な状況なのです。

下の「学年別 肥満傾向者の割合」グラフを見てもらうとわかりますが、7歳から12歳の小学生の肥満傾向が明らかです。
昭和53年、昭和63年頃は小学生、中学生、高校生で肥満者の割合が1.5%前後でおおきな変化はなかったのですが、平成10年の調査では、小学生の肥満者の割合が急増しているのがわかります。

子供肥満
学年別 肥満傾向者の割合 @肥満と健康

小学生の肥満原因は、テレビゲームや塾通いによる運動不足ではないかと言われています。大人も運動不足に悩んでいますが、現代は小学生の時から運動不足に悩む時代なんですね。
子供の肥満がなぜいけないのかまとめました。

子供肥満の弊害

生活習慣病予備軍
生活習慣病である「高血圧」「脂肪肝」「高脂血症」「糖尿病」になりやすいのです
運動能力の低下
運動不足だと肥満になりますが、肥満になると運動するのが億劫になり、さらに太ってしまうと言う悪循環に陥ります。
精神的な影響
子供の場合、いじめに繋がる危険があります。
大人になっても肥満になりやすい
子供の時から太っていると、大人になっても肥満になりやすいという研究報告があります。

最近子供にもメタボリックシンドロームの基準を設けて、太りすぎに注意を喚起するべきとの提案があります。上の調査を見ると理解できますが、なんか子供の時からメタボリックシンドロームの心配をするのはかわいそうな気もします。



posted by メタボリック対策 at 17:28 | メタボとは

メタボリックシンドロームに漢方薬が効果!?

メタボリックシンドローム」は男性などに多いお腹がぽっこり出た内臓脂肪型肥満の方が、生活習慣病などに罹りやすくなり危険だと最近いろいろと取りざたされています。
メタボ状態を解消するには、食べる量を減らすか運動などでエネルギー消費量を増やすしかありません。
(参照:メタボリックシンドロームの運動療法

ところが、食事を我慢したり、運動が苦手な方にとっておきの方法があったのです!!
それはダイエット効果のある漢方薬を服用して内臓脂肪を減らそうと言うのです
漢方薬の「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」は体の代謝を促進し、発汗や利尿、便通がよくなり、血液の循環も改善すると言われています。
この「防風通聖散」を配合した薬が大ヒットしています、やっぱり皆さんメタボリック症候群が気になるのかな!?

防風通聖散を配合した医薬品(メタボ対策に)

ナイシトール85(小林製薬)
ナイシトール85は体に脂肪がつきすぎた、いわゆる脂肪太りで、特におなかに脂肪がたまりやすい方、便秘がちな方に適したお薬!!
和漢箋・ロート防風通聖散錠(ロート製薬)

■メール便■【第2類医薬品】和漢箋(わかんせん)ロート防風通聖散錠 63錠 ポスト投函 [送料無料]

価格:1,350円
(2012/11/7 17:28時点)
感想(18件)

脂肪を分解・燃焼しておなか周りの溜まった脂肪を落とす「防風通聖散」を配合!!「ロート防風通聖散錠」はその力を十分に引き出すため、使用する生薬の量や、成分の抽出にもこだわっているとか!!
新コッコアポS錠(クラシエ薬品)
新コッコアポS錠は、「防風通聖散(ボウフウツウショウサン)」を配合した漢方製剤です。皮下脂肪が多く便秘がちな方の肥満症、便秘、むくみ、および高血圧に伴うどうき・肩こり・のぼせに効果的!!

メタボリックシンドロームは太り気味の方には気になるものです。
お薬を飲んでメタボリックシンドロームが解消できるなら、ためしてみたくなります
でも、お薬飲んでメタボからおさらばできると油断していると、結局食べ過ぎたり、運動を怠ってしまいます。またまたメタボリック症候群状態に舞い戻らないように注意しましょうね!!


関連情報リンク

メタボリック症候群が薬で治る!?
アディポネクチンという善玉物質を増やしてメタボ解消!!


posted by メタボリック対策 at 13:57 | メタボ解消対策

メタボリックシンドローム解消にはおやつを我慢

スナック菓子

メタボリックシンドロームが社会現象化し、少しお腹が出ているとメタボだと冷やかされる、太り気味の人には住みにくい時代です。
ただ、仲間から冷やかされるだけならいいのですが、メタボリックシンドロームは怖い成人病である動脈硬化が進行し、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性が高くなってしまうのです。

健康的な生活を送るためには、単に外見上の問題だけでなくメタボリックシンドロームを解消する必要があります。
メタボリックシンドロームは「内臓脂肪症候群」と言われるように、内臓脂肪が規定量以上に蓄積されてしまうことが体に悪影響を与えてしまいます。

内臓脂肪は簡単に溜まってしまう脂肪ですが、脂肪が減るときには真っ先に減ってくれる「溜まりやすいが、減らしやすい」脂肪でもあるのです。

ダイエットするのは大変だと思われるでしょうが、体に入ってくるエネルギーと消費されるエネルギーのバランスを考えると、比較的簡単に体重を落とすことが出来ます。
たとえば、体に入るエネルギーを減らすことで体重を減らすなら、まずゆっくり減らすことが大切です。無理な減量(ダイエット)はかえって体調を壊すことになるからです。
1ヶ月に1Kg体重を減らすことが出来れば、ウエストも1cm減ると言われています。脂肪1Kgを消費するには約7200Kcalのエネルギーを消費すればいいのです。1ヶ月で7200Kcalを減らすには1日で240Kcalを減らすだけでいいのです。

240Kcalのおやつや飲み物

おやつ
・チョコレート(板チョコ) 1/2枚
・ショートケーキ     1個
・アイスクリーム(コーン付)1個
・ポテトチップス   1/2袋
飲み物
・コーラ 1本(500ml)
・缶コーヒー(砂糖入り)2本

おやつを食べたり、甘い飲み物を飲む習慣のある方は、これらを少し我慢するだけで、1日240Kcalを減らすことは、あまり難しい事ではありませんね。


posted by メタボリック対策 at 21:56 | メタボ解消対策

内臓脂肪がメタボを誘発する理由

男性型肥満、内臓脂肪

メタボリックシンドロームというのは「内臓脂肪症候群」といわれるぐらい内臓脂肪がいろいろな悪さをしているのです。
メタボになると、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞を起こす危険性が増すといわれています。

なぜ内臓脂肪が、増えるとこのような生活習慣病を引き起こすのでしょうかexclamation&question
同じ脂肪でも皮下脂肪があまり悪さをしないのはなぜなのでしょう。 それは、最近の研究でわかったことですが、内臓脂肪は各種の生理活性物質を分泌していることがわかったのです。

内臓脂肪が分泌している物質

TNF-α
ブドウ糖の細胞内への取り込みを抑制し、血糖値を上げる作用をする
アンジオテンシノーゲン
血圧を上昇させる
アディポネクチン
動脈硬化を抑制するが、脂肪細胞がふくれすぎると分泌量が低下する

ここで説明しましたように、内臓脂肪は他の臓器へ影響を与える生理活性物質を分泌していたのです。中には「アディポネクチン」のようによい働きをする物質もありますが、「アディポネクチン」は脂肪細胞が肥大化してしまうと分泌量が低下してしまいます。やはり内臓脂肪は少ない方が健康には良いようです。


posted by メタボリック対策 at 22:55 | メタボとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。